ボトックス(ボツリヌス)療法に関して
ボトックス(ボツリヌス)療法に関して


      脳卒中等による手足のつっぱりでお悩みの方へ

 
  当院ではリハビリテーション科医師(獨協医科大学病院 美津島隆教授)によるボツリヌス療法を

 開始しました。脳卒中による手足のつっぱり(痙縮)にお悩みの方は、是非一度ご相談下さい。

 
1. ボツリヌス療法とは?

    
ボツリヌス菌が作り出す天然のタンパク質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を筋肉内に

   注射する治療法です。ボツリヌストキシンは、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があり

   ます。そのため、ボツリヌストキシンを注射すると、筋肉の緊張を和らげることができるのです。ボ

   ツリヌス菌そのものを注射するわけではありませんので、ボツリヌス菌に感染することはありません。

   

2. どのような人が対象となるの?

    
脳卒中などで手足に痙縮が起こっている人が対象になります。「痙縮」(けいしゅく)とは筋肉が

   緊張しすぎて、手足が動かしにくかったり勝手に動いてしまう状態のことです。

   手指が握ったままとなり開きにくい、ひじが曲がる、足先が足の裏側のほうに曲がってしまうなどの

   症状がみられます。

   


3. 効果は?

    ボツリヌス療法の効果は、一度注射すると約3〜4ヶ月は持続します。効果は徐々に消えてしまうの

   で、治療を続ける場合には、年に数回、注射を受けることになります。

  


4. 費用は?

    身体障害者手帳をお持ちの方は自己負担はありません。健康保険で行う場合には、負担率により

   変動します。

   例):3割負担の場合  下肢実施した場合 自己負担額は約75,000円です。(診察料別)


5. ボツリヌス療法受診までの流れ

  

   2回目以降は、原則入院の必要はありません。


   
まずは、ご相談ください。