院長挨拶

  御殿山病院は、昭和21年に波木医院を前身として開業以来、「患者様自身の治そうとする力を助ける医療」に取り組んでまいりました。
  昭和32年に現在の鹿沼市今宮町に移転し、昭和49年には北関東で初の人工透析を開始。その後も栃木県最初で唯一の本格的施設として療養型病棟を開設するなど、地域医療を担う病院として今日まで歩んでまいりました。
  医療、療養、そして近年では介護と、3つの分野を併せ持つ医療機関として医療と長期療養ができる環境を整えており、また、二次救急医療機関として地域の医療のお手伝いもしております。
  今後も患者様の笑顔がみられるよう、職員一同「元気になろうとする力」を引き出すことに全力を注ぎ、地域医療に貢献をしてまいりたいと考えております。

院長 波木 道夫