脊椎外科センター
脊椎外科センターのご案内

 脊柱(せきちゅう:せぼね)は頚椎、胸椎、腰椎、仙骨からなり、
人体の中枢部にある大切な臓器です。脊柱の役割は、次の3つの機能に
大きく分けられます。

(1)体を支える柱としての機能

(2)頭や胴体を動かす機能

(3)脊髄や馬尾などの神経を保護する機能

この脊柱が病気やケガで障害されると、痛みや麻痺あるいは体の変形
などを来たし、人間の活動が大きく制限されることになります。近年の
脊椎外科の進歩はめざましく、多くの脊椎疾患が手術により治せるように
なってきました。

 
 当センターは、獨協医大整形外科のサテライト病院として、獨協医大
整形外科・脊柱診療グループのスタッフにより運営されており、
20068月〜20163月までに1337の脊椎外科手術を行ってきました。

対象疾患は、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、
腰椎分離症・分離すべり症、頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニア、
頚椎後縦靱帯骨化症、透析性脊椎症、脊椎破裂骨折、骨粗鬆症性椎体骨折、
脊髄腫瘍など多岐にわたっております。

手術に関しては、腰椎すべり症に対する腰椎椎体間固定術、脊柱靱帯骨化症
に対する椎弓形成術、脊椎外傷・関節リウマチ・透析性脊椎症などの破壊性疾患に対する大規模な脊柱再建術まで、ほとんどすべての脊椎外科手術を行うことができます。(表
1

 当センターのスタッフは5名(表2)の脊椎外科医・整形外科医と1名の
麻酔科医で構成されており、手術日は月曜・金曜となっております。

このほかリハビリテーション部(理学療法士:8名、作業療法士:2名)も
充実していることから、術前検査、周術期管理から回復期までの包括的な
治療を安心して受けることができます。


手術中の様子








リハビリテーション部

理学療法


作業療法
(表1)  最近5年間の手術実績

ヘルニア摘出術
※内視鏡含む

胸腰椎
後方除圧術

後方脊柱
再建術

腰椎椎体間
固定術

頚椎
椎弓形成術

頚椎
前方固定術

上位頚椎
再建術

その他

合計

H23年度 23 33 36 62 22 5 1 4 186
H24年度 26 21 28 53 21 5 0 7 161
H25年度 26 30 32 52 21 5 0 4 170
H26年度 20 24 19  65 20 5 0 9 162
H27年度 18 32 11 40 30 6 0 12 149
合計 113 140 126 272 114 26 1 36 828

(表2)
種市 洋  (非常勤) 獨協医大教授 ・ 脊椎脊髄外科指導医   昭和61年卒
反町 毅  (常  勤) 脊椎脊髄外科指導医              平成10年卒
加藤 仲幸(非常勤) 脊椎脊髄外科指導医              平成11年卒
上田 明希(非常勤) 整形外科専門医                 平成14年卒

青木 寛至(常 勤)  整形外科医                    平成22年卒